福井市 Y邸(屋根張替、外壁塗装工事)

現在、世界中で自粛活動がされていますが、皆様はどうお過ごしでしょうか?

弊社でも、営業だけでなく、現場の職人もマスクを着用を心がけています。

 

さて、今回は折板屋根の張替工事と外壁ニュー角波の塗装工事です。

現在の折板屋根に穴があいている箇所やサビが深い箇所があったりした為に張替えることになりました。

張替える場合、

① 既存の折板屋根をめくらずに、その上から新しい折板屋根を被せるカバー工法

② 既存の折板屋根をめくって一からやり直す工法

があります。

今回は屋根の形状が複雑で、福井で施工する為には、材料を県外で作ったりと色んな面で割高になってしまうので②の方法を選びました。

 

≪折板屋根の張替工事の施工工程≫

1.既存の折板屋根の撤去

2.傷んだ鉄骨下地は部分的に新しく取り換える

3.鉄骨塗装

4.タイトフレーム(鉄骨下地に取付して折板屋根を固定するもの)を取付けて

新しくボルトが見えないスッキリした折板屋根の取りつけ

    

 

5.水下には新しく雨樋も取付して、両サイドにはケラバも取付て雨風が建物内への侵入や鉄骨下地の腐食を防ぎます。

 

≪外壁ニュー角波の塗装工事の施工工程≫

1.外壁ニュー角波の塗装工事はケレン

2.サビ止め塗料塗り

3.シリコン塗料塗り
鉄骨はエメラルドグリーン色に、外壁は明るくアイボリー色で明るくピカピカになりました。

 

自粛ムードで気分の滅入ってしまう日々が続きますが、私は、部屋の掃除をしていたら、「あれ?こんなところにあったの?」っているものが何点かでてきました。

これを機に、ポジティブに建物をことをじっくり考えていただく時間を作ってみるのもいいかもしれません。

何か気になるところがございましたら、お気軽にお電話(0776-53-5155)下さい。

コロナ対策をしっかりした上で、担当の者がお伺いいたします。

福井市 O邸 (屋根工事 カバールーフ工法)

今回の現場は、屋根工事です。

お客様から屋根の塗装の見積りを依頼され、現状調査を行ったところ、

屋根にサビや穴あき多いことが分かりました。

サビの状態が深く、ひどい場合は、塗装しても、数年後に再度サビが発生する可能性が多いので、

今回は、既存屋根をめくらず、上から新しい屋根材を被せるカバールーフ工法で工事させていただきました。


≪工程≫

1.下地処理として羽口切除、ルーフィング敷

2.唐草取付

3.フェルト敷き(既存屋根のサビが、新規の屋根につかないように防水シートを敷く)

4.カバールーフ葺き

屋根斜面の長さにより棟に継手が出る場合と出ない場合があります。

 

また、鼻隠しと破風板が痛んでいたので、一緒に交換させていただきました。

 

今回の現場のように、建物の状態によって、適した工事をおすすめさせていただきます。

ヤマウチでは、お客様に納得していただけるような説明を心がけております。

痛んでいるけど、どのような工事になるか分からない。という方もお気軽にお電話(53-5155)ください。

 

 

福井市 A邸(立平葺き)

今回の現場は、屋根工事です。

お客様からコロニアル屋根の塗替の見積りを依頼され、現状調査を行ったところ、

屋根にひび割れや塗装のめくれが生じていました。

このような場合、上から塗装しても、数年後に塗装がめくれてくる可能性が多く、ひび割れ等も雨漏れの原因になります。

そのため今回は、コロニアル屋根の上から立平葺きをさせていただきました。

立平葺きとは…ガルバリウム鋼板で、新築工事、改装工事等で多く使用されている屋根材です。


≪工程≫

1.下地調整のための合板張り

2.防水シート張り

3.立平葺き

4.棟木取付

5.棟包み取付

6.雪止め取付

 

 

今回の現場のように、建物の状態によって、適した工事をおすすめさせていただきます。

ヤマウチでは、お客様に納得していただけるような説明を心がけております。

痛んでるけど、どのような工事になるか分からない。という方もお気軽にお電話(53-5155)ください。

福井市 Y邸(屋根張替工事)

施工前

施工前

 

 

 

 

施工後

施工後

 

コンパネ張り

コンパネ張り

 

防水シート張り

防水シート張り

 

棟木取付

棟木取付

 

防水シート張り

防水シート張り

 

今回の現場は、屋根の張替工事です。

作業工程としては、

既存コロニアルの屋根の上から、コンパネを張る → 防水シート張り → ガルバリウム鋼板張り

→ 棟木取付 → 棟木部分防水シート張り → ガルバリウム鋼板張り

また、大雪にも対応できるように、既存よりも雪止めの増やしました。

弊社では、さなざまな屋根に関しまして対応いたします。

是非一度お電話ください。(0776-53-5155)