福井市 M邸(板金塗装工事)

先日、外壁塗装工事をさせていただきました。

最近の建物の外壁でよく見られるのが、窯業系サイディングボードを張ったものです。

外壁サイディングには、主に2種類あり、それぞれの特色があります。

1.窯業系サイディング…デザインの種類が豊富だが、気候により劣化が早い

2.金属系サイディング…デザインの種類は少ないが、気候の変化に強い

今回の現場は、窯業系サイディングが張られていたのですが、ベランダ側のサイディングがボロボロにめくれていました。

この原因として考えられるのは、雨や雪、凍結など水分によって劣化してしまったことです。

これはベランダなどの屋根のない部分に特に見られる現象です。

≪お客様の依頼≫

塗装をしてほしい

≪弊社の提案≫

この状態の上から塗装した場合…数年後に再びめくれる可能性有→再塗装

そのため、劣化しているベランダの内側と外側に金属サイディングを張り、その他の外壁は塗装する

 

====施工前============================================================

≪施工≫

現状:①1F正面の右側…おしゃれなタイル調の窯業系サイディング

→既存サイディングに似た模様の金属サイディングをベランダの内側と外側に張る

②劣化のしてない壁…ベランダの金属サイディングの色に合わせて調色して、既存窯業系サイディングに2色塗装

③廻りの壁…タイル調の窯業系サイディングと同系色の薄めの色を塗装

 

====施工後============================================================

 

外壁面全てに金属サイディングを貼れば施工期間は短くて済むのかもしれませんが、

弊社では、デザイン的にも金額的にも維持費的にも、お客様に最善の解決方法を提案させていただきます!!

お客様に納得していただき、より長くキレイな建物が維持できる安心感を持っていただけるよう、社員一丸となって対応させていただきます。

少しでも気になるところがございましたら、お気軽にお電話(0776-53-5155)ください。

福井市 O邸 (屋根工事 カバールーフ工法)

今回の現場は、屋根工事です。

お客様から屋根の塗装の見積りを依頼され、現状調査を行ったところ、

屋根にサビや穴あき多いことが分かりました。

サビの状態が深く、ひどい場合は、塗装しても、数年後に再度サビが発生する可能性が多いので、

今回は、既存屋根をめくらず、上から新しい屋根材を被せるカバールーフ工法で工事させていただきました。


≪工程≫

1.下地処理として羽口切除、ルーフィング敷

2.唐草取付

3.フェルト敷き(既存屋根のサビが、新規の屋根につかないように防水シートを敷く)

4.カバールーフ葺き

屋根斜面の長さにより棟に継手が出る場合と出ない場合があります。

 

また、鼻隠しと破風板が痛んでいたので、一緒に交換させていただきました。

 

今回の現場のように、建物の状態によって、適した工事をおすすめさせていただきます。

ヤマウチでは、お客様に納得していただけるような説明を心がけております。

痛んでいるけど、どのような工事になるか分からない。という方もお気軽にお電話(53-5155)ください。

 

 

福井市 A邸(立平葺き)

今回の現場は、屋根工事です。

お客様からコロニアル屋根の塗替の見積りを依頼され、現状調査を行ったところ、

屋根にひび割れや塗装のめくれが生じていました。

このような場合、上から塗装しても、数年後に塗装がめくれてくる可能性が多く、ひび割れ等も雨漏れの原因になります。

そのため今回は、コロニアル屋根の上から立平葺きをさせていただきました。

立平葺きとは…ガルバリウム鋼板で、新築工事、改装工事等で多く使用されている屋根材です。


≪工程≫

1.下地調整のための合板張り

2.防水シート張り

3.立平葺き

4.棟木取付

5.棟包み取付

6.雪止め取付

 

 

今回の現場のように、建物の状態によって、適した工事をおすすめさせていただきます。

ヤマウチでは、お客様に納得していただけるような説明を心がけております。

痛んでるけど、どのような工事になるか分からない。という方もお気軽にお電話(53-5155)ください。